在留特別許可・仮放免許可を成功へ導くための手続と相談
退去強制手続について
  • HOME »
  • 退去強制手続について »
  • 在留特別許可された事例

在留特別許可された事例

在留特別許可された事例・平成15年度(法務省発表)

1992年8月,日本人父と不法在留中の東南アジア出身の母との間に本邦で出生したが,在留資格取得許可を得ることなく不法残留していたもの。父親と母親は婚姻しておらず内縁関係であったところ,本人が出生して約1年後父母が別居し, …

在留特別許可された事例・平成16年度(法務省発表)

1994年11月,在留資格「短期滞在」及び在留期間「15日」の上陸許可を受けて本邦に入国し,その後,在留期間の更新又は変更を受けないで不法残留していたが,2003年5月,日本人男性と婚姻し,安定した生活を営んでいたもの。 …

在留特別許可された事例・平成17年度(法務省発表)

西南アジア出身の36歳男性 1991年11月,在留資格「就学」在留期間「6月」の上陸許可を受けて本邦に入国し,そのまま不法残留した。2000年頃から日本人女性と同居生活を営んでいたところ,2005年9月,入管法違反で警察 …

在留特別許可された事例・平成18年度(法務省発表)

東南アジア出身の41歳女性 2000年9月,本邦での稼働を目的として不法入国し,飲食店等において稼働していたところ,日本人男性と知り合い,2005年,同人と同居を開始し,婚姻した。2006年,入管法違反(不法入国)で逮捕 …

在留特別許可された事例・平成19年度(法務省発表)

東南アジア出身の32歳男性 2003年2月,在留資格「短期滞在」在留期間「90日」の上陸許可を受けて上陸し,そのまま不法残留した。2005年,在留資格「永住者」で在留中の同国人女性と同居していたところ,2007年,入管法 …

参考になる裁判例

[水川 行政書士事務所 ]
602-0831
京都市上京区立本寺前町80番地
TEL・FAX:075-211-7398
PAGETOP
Copyright © 水川行政書士事務所 All Rights Reserved.