在留特別許可・仮放免許可を成功へ導くための手続と相談
退去強制手続について
  • HOME »
  • 退去強制手続について »
  • 法律調査と事実調査

法律調査と事実調査

在留特別許可における行政書士の役割

事実証明や権利義務に関する書面を作成することは行政書士の業務です(行政書士法第1条の2)。書面作成の前提として事実関係の調査をします。 調査の方法は多岐にわたります。 戸籍や住民票によって身分や住居関係を調べたり、関係者 …

在留特別許可における事実調査

事件に着手する際、まずやらなければならないことは事実調査です。 事件の背景にある様々な事実を順を追って把握しなければなりません。そのため対象者や家族と面談して必要だと思われる事項を聞いていきます。 どのような事件でも共通 …

在留特別許可における事実調査の枠組み

事実調査にあたっては対象者や家族等にヒアリングを行うだけではダメです。在留特別許可を得るには、その事実を証明するための証拠も必要になります。 証拠を示さないまま事実を訴えても信じてはもらえません。事実はそれを裏付ける証拠 …

在留特別許可における法律調査

在留特別許可における法律調査は、在留特別許可の要件および要件該当性の判断枠組みを知ることを目的としています。 在留特別許可の要件は入管法第50条第1項第1号~3号に規定されています。さらに積極的に考慮される要素が法務省が …

在留特別許可における法律調査の枠組み

在留特別許可を得るためには、当該事件のストーリーにおいて法的に重要な事実は何かということを検討しなければなりません。 法的に重要な事実とは、入管法等の関連法令や在留特別許可に係るガイドラインに示された積極要素に該当する事 …

事実調査と法律調査の関係

事実調査と法律調査は在留特別許可を得るための両輪です。相互に関係しあって在留特別許可への道を進んでいきます。 事実調査によって明らかになった事件の背景から、法律調査によって在留特別許可を得るためには何が重要な事実かがわか …

参考になる裁判例

[水川 行政書士事務所 ]
602-0831
京都市上京区立本寺前町80番地
TEL・FAX:075-211-7398
PAGETOP
Copyright © 水川行政書士事務所 All Rights Reserved.